CGSブログ【日韓近現代史】第9回 韓国の教科書は願望の結晶

【日韓近現代史】第9回 韓国の教科書は願望の結晶

こんにちは、CGSスタッフです♪

本日も『じっくり学ぼう!日韓近現代史』をご紹介していきます。

倉山満先生

「CGSをご覧の皆様こんにちは。
 本日も『じっくり学ぼう!日韓近現代史』ということで、
 宮脇淳子先生と一緒にお送りしていきます。宮脇先生よろしくお願いします。」

 

宮脇淳子先生

「よろしくお願いします。」

 

倉山満先生

「さて本日からようやく近代編ということで、
 やっとですね。近代韓国と言えば、あの国が近代国家かどうかはこの際置いておいて、
 我々の日本国が近代になっていく時に韓国は何をしていたか。」

 

宮脇淳子先生

「だから明治以降の話をしようということですね。」

 

倉山満先生

「幕末くらいからですね。近代韓国を語る上で、
 大院君と閔妃軸に語っていくことになるのですが、まずはパネルを。
 大院君という王様のお父さんが鎖国をやっていた。というところから始まるんですけど。

 まず大院君は王族なんですけど貧乏したりやってて、
 息子が王様になったので執権ということで、摂政の地位に立ちます。
 そこで徹底的な大虐殺をして、簡単に言うとアメリカに勝ち、フランスに勝ち、
 なのになぜか日本に侵略される。って韓国の【国定教科書】に書いてあるんですが、
 もう一度いいます。【アメリカの侵略を跳ね返し】
 【フランスの侵略を跳ね返し】
 次に【日本侵略された】と。
 日本はペリーに脅されて開国したはずなのに、
 フランスやアメリカよりも強くなっている。
 韓国人は何故そんなに日本人が好きなのか言いたくなるのですが、
 支離滅裂な記述が国定教科書に書いてあるんですが、
 最終的には大院君は遣り過ぎて失脚しちゃうってことなんですが。
 【たいいんくん】って【だいいんくん】ですか?」

 

宮脇淳子先生

「私は【だいいんくん】だと思うけど、
 こういうのって学派によって先生が決めたからできまっちゃうのよね。
 基本的に読み方は無関係で、それが中国と韓国と日本で読み方が違っていても同じ漢字を使ってきたので、
 あまりもめない方がいい。
 【びんひ】か【みんひ】かもそうだし、【はんりゅう】と【かんりゅう】 もそうよね。
 日本語読みしたら【かんりゅう】だけど、あっちの読み方に合わせてるのよね。
 ちなみに【たいいんくん】と読んでた?」

 

倉山満先生

「私はどっちでもいいですけどね。で、話を戻して。
 韓国の記述がめちゃくちゃすぎて。
 今必死になって韓国人が書いた韓国の記述を読みあさっているのですが。
 嘘だらけの日韓近現代史、発売お楽しみに。」

 

宮脇淳子先生

「韓国の歴史教科書は、どんどん変わっている。
 30年くらい前まで教科書を各一は日本の出版社を出ていて、
 山川教科書ほぼ丸写しだった頃までは、古い時代はそんなにひどいこと書いてないというか、
 先生にならった事を書くから。
 日本語読めない世代になってから、古い文献は読まない、
 漢字は読まないだから自分たちで作ってこういう事にしようと決めたら、
 そのまんまどんどんエスカレートして嘘が嘘を読んで
 【こうしたい】【こういう事にしよう】【これはこう書いてあるじゃないか】みたいな、
 私の聞いた話では歴史の入試問題が作れなくなったと。
 だって本当はどれですか?って言われると選びようがない。
 だからまったく入試問題に歴史を使う事ができなくなったっていう裏話があって。
 でもまた5年経ったら変わると思う。」

 

倉山満先生

「すごいですよね。山川の教科書とパラレルっていうのはその通りですけど、
 韓国の教科書と山川教科書の共通点って、全部ならべると辻褄が合わなくてよくわからなくなるんですね。
 山川はなんとなく自虐になっていて、韓国の方は自尊になっている。」

 

宮脇淳子先生

「あるところ迄は辻褄がそれであっていたんですよ。
 日本が引いてあげて、向こうが押してでなんとか合っていたんですが、
 今はエスカレートして今ではまったく共通点がない。」

 

倉山満先生

「女子大で使っている教科書を見たんですが、
 【韓国は一度も他国を侵略したことのない平和な国家です!】と書いている次のページに
 【満洲を支配したことが有る】って書いてあるんです。
 疑問に思わないのか女子大生!?

 

宮脇淳子先生

「矛盾を突っ込んでいたら読めないの。
 最近ね、韓国の教科書を批判してくれって来て、
 見たら全部日本語訳になっているのね、小学校も中学校も高校も。
 嘘もみんなわかるけど、私は気がついたつまり歴史に関して言えば、
 【漢字がなければ何もわからない】に等しいの。
 昔は漢字だったから。だから小学校と中が衡と高校はものすごく丁寧に書いた教科書を、
 全部ハングルになったものを読んでいるであろうか。
 そりゃ無理でしょ。漢字の違いがわからないと、歴史がわからないでしょ?
 その次に私が邪推しているのは、日本人に読ませるためにつくっているのでは?と最近思うの。」

 

倉山満先生

「でも私は韓国の教科書を読んでも腹が立たないんですよ。
 なんでかって言うと、日本の教科書の方が日本の悪口を書いているから。
 全く腹が立たなかったんですよ、韓国人ならこんなもんかと。
 で、話を本題に戻しまして、フランスに勝ち、フランスは当時世界3位の大国ですからね。
 アメリカに勝った、日本を開国させたアメリカに、
 なのに日本に侵略されたんですが、

 よくよく見てみると実際のところどんなもんだったかというと、
 フランス国様に勝ったっていうのは、
 別にイギリスが薩英戦争や四国艦隊砲撃事件の時の様に、議会が可決して砲撃したとか、
 現地軍に十分な武器を与えてやったわけではなく、【なめきってたらしいです】。
 それでカトリック虐殺してかかってきたら返り討ちにできた。
 ひたすら要塞にこもるっているのが、韓国の手口で、モンゴルに30年間抵抗しましたっていうのは、
 【負けがわかっているのに、ひたすらこもっていただけ】ですからね。
 将棋でもあるじゃないですか、結局負けが決まっているのに手数を増やしていく人。
 そんな感じです。
 それで、アメリカに勝ったのは、哨船を奇襲して、通信を遮断して援軍がこないようにして虐殺しまくったと。
 ちなみに米軍に江華島でフルボッコにされていますからね。
 ただ占領するほどの軍隊を持っていっていないので、
 【占領されなかった鎖国政策は維持したんだ!】とひたすら宣伝しまくっている。
 ここで【フランス】と【アメリカ】を韓国みたいな立派な国が撃退してくれたので、
 日本は幕末維新ができたと、岡崎秀彦先生がおっしゃっています。
 有名な『戦略的思考とは何か』で。」

 

宮脇淳子先生

「そんなことを言っているの?」

 

倉山満先生

「そういうのを自虐史観っていうんじゃないですかね?」

 

宮脇淳子先生

「外交官は仲良くする事を目的とするっていうのは、
 日本は本当におかしいんですけど。相手が喜ぶ事を言おうって、
 60年間そんなことばっかしてきたから。」

 

倉山満先生

「大院君は結局宮廷内に反発する勢力があって、高宗は女好きで頭が悪い。」

 

宮脇淳子先生

「これね。息子とお父さんですけど、息子はもうちょっと後の時代の写真だけど。」

 

倉山満先生

「成人してきたので、その後ろでやって大院君をけちらそうというもくろみですね。」

 

宮脇淳子先生

「奥さんがね」

 

倉山満先生

「奥さん、閔妃一族が。この話は後でゆっくりやりましょう。」

宮脇淳子先生

「高宗は最初から最期まで立派な人とは思えない。」

 

倉山満先生

「最初っから最期までろくでないしですよね。」

 

宮脇淳子先生

「まだ大院君の方が政治力はあった。排他的だったけれども、一応ね政治はしたっていう印象です。」

 

倉山満先生

「高宗も大院君も閔妃もなんですが、本当に何やっているの?っていう。
 私いつも言うんですけど、なんで韓国が嫌いかっていうと、
 韓国の真人間が可哀想すぎるからなんですよ。」

 

宮脇淳子先生

「元々前にもいいましたが、物事をわかっている人の割合が少なすぎる。
 元々愚民政策をしていたので、大多数の国民は物をわからない様にさせて置いておく。
 もちろん人権もない。まったく何も知らない、
 字も読めないというそれでこういう外国情勢をまったくわからなかったんですよね。
 ただそれ迄通りにやっている。
 清朝に言われた通りにやることで、こういう日本だと幕末明治には情報を皆で考えたけど、
 これ以外に考える人が居ないんです。」

 

倉山満先生

「これが一番まともな人、というオチですか今日は(苦笑)」

 

宮脇淳子先生

「はいそうです。」

 

倉山満先生

「すごい締めになりましたが、
 次回は大院君ってこんな人っていうのをやっていきます。
 ありがとうございました。」

 

カテゴリー:番組情報 2014年09月18日 10:30:55 コメント(0)

合わせて読みたい関連記事

コメント



プレビュー

カレンダー

<   11月   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

関連サイト

  • YouTube チャンネル登録して頂くと、最新のアップロード情報が配信されます!